いくじくこ。

意味もなく育児(&自)してます。

【ミニマム子連れ富山TRIP】リュック1個で家族3人。最小限荷物で国内大移動できちゃった話

GW(ゴールデンウィーク)目前。

身重( 妊娠中期7ヶ月 )で、サクッと行って参りました。

家族3人、リュック一個で。

 

妊娠七ヶ月での子連れマタニティー旅行

 

あぁ、近場?

否。

車、飛行機、バス、特急に北陸新幹線乗り継いで。

富山まで二泊三日。

旅テーマはミニマム

昨年夏、一歳半の娘を連れて国外飛びました。

www.iiikujiii.com

そん時は長時間飛行。

密室で、ストレスなく子連れ旅完遂させるか?に絞ってレポ。

 

今度は国内。

九州→北陸まで、乗り換え4回。

 

ムスメ、2歳半弱。

動きの激しさと自己主張にウザさ倍増。魔界。

じくこはマタニティー。

※もちろん旅行前、医師に旅行してOKか確認しました。

 

ってことで旅テーマは [最小限の労力] 

 

基本、着替えは1組以下

「さー旅行ー♪」

 

 

 

で?

・パッキング( 荷造り )

・旅行後の洗濯

誰がすんの?

じくこん家はじくこです。

逃げられません。

 

 

 

「家に帰るまでが遠足」であるように、準備〜帰宅までが旅行。

旅の醍醐味、それは

いかに荷造りの手間を省き、帰宅後の洗濯物を減らすか?

 

洗い替えの少なさ=荷造りストレス軽減。 

早々に宿へチェックインし、夜洗濯→干す→翌日の観光中に乾かしと

子連れだと夜も早いし。

 

そーなると、宿泊先は基本「駅近・ビジネスホテル・連泊」

ビジネスホテルは、アメニティや部屋着も一通り揃い、細かい荷物も減らせる。

 

だいたい洗濯機置いてるし、部屋の乾燥ハンパないし。

宿泊施設、乾燥度順( じくこ比 )⬇︎

ビジネスホテル <<< ラグジュアリーホテル << ユースホステル << 旅館 < 民泊

 

つーか、ぶっちゃけ洗い替え1組もいらなかった。

まじで着の身着のままイケた…!

ビジネスホテルの乾燥は、期待以上にエグく…

その日着てたインナーと靴下、一晩で乾かす実力の持ち主です。

 

今回泊まったのはココ

 

TripAdvisor (トリップアドバイザー)でも大人気。

富山にしかない裸足スタイルのビジネスホテル。

すごく良かった!子連れ見かけなかったけど。( ビジネスマンだらけ )

結局じゃらんnet じゃらん宿泊予約テキストバナーで予約。

 

便利すぎるコレ持参⬇︎

 

あ、ちなみにウチの洗濯機は最強のコレ

説明全部ハショりますが、とにかく良い。

我が家の家電No. 1使えるヤツ。

洗濯機乾燥機は、panasonicブランド一択で一生を終える構えです。

 

ミニマリスト志したるもの…
アイテム厳選 → 生活最小でまわす為には…→ 洗濯機ガンガン回す。

なので、洗濯機は最強モノに限ります。

ただまぁどんだけ全自動でも、洗い分け→畳むとかは人力。

帰宅したての、旅の名残と現実の狭間中に、、、できる?

消耗計り知れない…。

帰宅後待ってるアイツ( 家族分の洗濯 )のせいで、旅の開放感をぶっ潰されたくなければ…

迷わず現地洗濯

 

下着は絶対使い捨て

旅の贅沢といえば、使い捨て。

「コレもぅ捨てよっかな〜」なズタボロ下着や靴下を、あえて着用→現地捨てもアリ。

たまたま穴あきかけソックスあったので、それ履いてって旅先で別れを告げました。

でもまぁ、傷みアイテムいちいち取っとくとか…しないですよね?

ミニマム断捨離ストは。

 

 

オットも肌触り重視派⬇︎

 

もういっそ兼用って手も…⬇︎

 

紙も綿も試したけど、やっぱコットン最強伝説。肌触りね〜。

ペーパーパンツって、ガサガサ( じくこ、妊娠7ヶ月で特に肌状態不安定 )。

「私、今、紙パン履いてます!」感

試したことあるけど、モロにかぶれたった…。

ここは奮発しどころです。

旅行中不快なのって、意味ないし。

クロッチ部分が心配なら、パンティーライナーのダブル使いで快適を極めましょう。

 

使用感オススメはこのへん⬇︎

 

 

めくれて旅行に便利⬇︎

 

リュックは1つ(家族3人分)

子供を追いかけ回す&抱っこの関係上、両手はフリー基本。

アウトドア用の軽く、大容量でポケット多めを用意。

まじコレ一個で二泊三日行けました⬇︎

表面のゴム紐?編み編みゾーン。「何に使うの?」って思ったけど、切符や入場券キープ等でなかなか使えるヤツでした。

 

【二泊三日の荷物の内訳】

夫婦分⬇︎

・靴下&インナーカットソー 各1

・軽量の折りたたみ傘2本 ( 雨予報だった。結局降られなかったけど… )

 

ムスメ⬇︎(すんごい迷ったけど、汚し魔なので大人より1組多く。不要だったけど…)

・子供用肌着・タイツ 各2

・厚手ワンピース 1枚

・お尻拭き券手拭き(流せるポケットタイプ)

・オムツ用防臭袋4~5枚

・オムツ多めに15枚( 3~4枚余った… )

 

 

 

 

リュックのサイドポケットは必須!

特にティッシュ関係は、すぐ取り出したいシーンが多い。

サッと手が回る範囲にあるだけで、イラつかない。

子連れ旅は、ちょっとしたイライラをどれだけ取り除けるか?

にかかってると思います。

ちょいイラ蓄積→旅後半の疲れとコンボ→ヘヴィーな展開になります。

復路で「もう二度と子連れ旅しない」とかよぎっちゃわない為にも。

 

サイズは32L〜45Lがベター。

40Lあたりからサイズ的に仰々しく…もろバックパッカー!

ってスマートさに欠けちゃいます。

ただ、32Lじゃお土産は入らず手持ちになります。

 

ただ…旅行中、バックパック最強伝説を超えそうなヤツを目撃。

新幹線の同車両に乗り合わせてたイケてる4人家族( 内ひとりは赤ちゃん )。

そこのお父さん( 出来るヲトコっぽい )が持ってた。

 

軽く、大容量、ポケット多いメッセンジャーバック⬇︎

リュック唯一のデメリット。

移動中、出し入れしにくい。

どうしてもね、子供いるとね…

財布や切符や飲み物やオムツやなんや…取り出し多発。

背負うと両手が自由になる分、出し入れでいちいちショルダーベルト外さなきゃで。

サイドポケット駆使したり、手ぶらのじくこが取り出し係してたけど…わりと難儀。

 

メッセンジャータイプは両手も空く上、そのまま前にクルッと回せば開け閉めしやすい。

ちょっと座る際も、荷を下ろさず手前に持ってこればいいだけだし!

 

ほんと、ちょっとしたことだけど。

チョコざいな子供いると、そのちょっとの効きが全然違うと思います。

リュック最強説を覆すデメリット全カバー。

普段の仕事用と兼用できるし、今のリュックがボロボロになったらシフト目論んでます。

 

抱っこ紐は軽めのやつ

ムスメは一歩踏み出すごとに「抱っこ抱っこ」の抱っこ魔。

ベビーキャリアは必須アイテム。

普段使い慣れたものに越したこたないですが…

 

普段使いと併用できそうな、こっちと迷ったけど…⬇︎

 

洗い替えと二人目準備も兼ねて、コレ購入⬇︎

ごちゃごちゃしてなくて、シンプルデザイン。

使い始めが旅行でってこともあって、使用感ドキドキだったけど…結果大活躍しました。

泣きたいくらいに歩かねーんだ、2歳半って…

コレは小さく収納出来て、使いやすかった!

フロントにジップ付きポケットが付いてるのも何気に使えた。

 

ただ、コンパクト軽量設計な分、2歳半児 ( ムスメ11kg )長時間だと腰にきます。

旅行や持ち運び用として優秀。

普段使いには、やっぱり多少重くかさばってもベビービョルンだったかな。

 

服装は?

ミニマムトリップの基本は、着の身着のまま。

中身( インナー・下着 )だけ取り替えるスタイルです。

 

とはいえ、細長い日本列島を旅するに当たって、直面する服装問題。

特に今回九州→北陸の大移動。

服装に関しては、おなじみのコレ参考にしてます⬇︎

kinarino.jp

 

富山、4月12日〜14日の気温最高15〜20度、最低5〜9度あたりでした。

 

3日間の服装

夫婦2人➡︎カットソー( ヒートテック ) × スウェットパーカー × デニム × 薄手コート (裏地なし)

 

ムスメ➡︎肌着 × カットソー × 綿カーディガン× 厚手ショートパンツ× タイツ× ダッフルコート

北陸富山の春先の服装

 

北陸富山県観光のゴールデンウィーク前の装い

 

インナーカットソー( ムスメのみ肌着も )・靴下のみ着替える戦法です。

基本、じくこは手ぶら。

コートポケットにスマホと小型の財布・ポケットティッシュのみ。

荷物もちはオットへ委ねました。

 

 

結果…北陸にビビって重ね着しすぎ感。

日中は汗ばむ陽気で、意外にコートが邪魔だった。

荷物面では、夏 or あったかい国は旅行に最適かも。

素足にサンダルでいい時期なら、靴下いらないし。

 

まとめます。マタ旅(マタニティー妊婦旅行)は無理せず

富山、舐めてました。

強行日程だったけど、素晴らしかった。

ムスメも抱かず、荷物も持たず、2日目はレンタカーでほぼ歩いてない!

のに…

 

 

 

帰宅後、恥骨痛と頭痛で歩けず寝込みました。

その後、切迫流産気味ってことで、絶対安静と相成りました。

身重、舐めてました。

もう遠出は控えて、しばらくおとなしくしときます。

スポンサーリンク