いくじくこ。

何かが見える前の前。意味もなく育児(&自)やってます。

不妊3年【検査編】東神奈川の不夜城KLCでのフーナーから卵管造影検査まで

不妊治療で授かりしムスメ。

起床1秒でご飯を要求する娘

起床第一声は「まんま(ごはん)」エブリディ。

彼女にとって白米=飲み物

そんなムスメが、米粒ほども存在してなかった頃の話。

名だたる不妊検査、総ナメダイジェスト〜。

神奈川LCでのタイミング指導

治療の流れ ↓

生理5日目からクロミフェン(排卵誘発剤)5日間

➡︎飲み終わって3〜4日後受診。

※普通は飲み終わってすぐ受診らしいけど、じくこは排卵が遅い。

➡︎卵胞チェック。

※いつも育ってなくてゴナピュール150(FSH)注射で排卵加速〜。

➡︎院長「こことここでタイミングとって」

➡︎タイミング後再受診で排卵確認

➡︎プレグニール5000(HCG)注射で黄体補充、受精〜着床に備える。

 

誘発剤飲んで周期25~40日…てんでバラバラ

無排卵のこともままありましたし。

飲まなかったら50~60日とかザラ。

何かとド下手体質で。

 

あなたの場合、誘発剤飲まないとタイミング取りようがないね。

 

 

と、言われてましたよね。

フーナーテスト

のらりくらりタイミングを続け、4周期目

 

次、フーナーテストしましょ。精子がね、どれくらいちゃんといるか。

 

 

キタ━━ (゚∀ ゚) ━━━!!!

この頃は、検索魔となって不妊用語を追っかけ回し。

ほとんどアイドル視。

メジャー級不妊検査に出くわす度、いちいちトキめいてました。

ネット上で追うアイドルに、3次元でバッタリ会えたような。

 

今となっては、4回生理スルーせずさっさとフーナーやりゃ良かったとしか思いませんけど。

このように、提案待ちでボヘーとしてると出遅れます。

 

フーナー1回目頃↓

▼マーク説明▼

→タイミング日 ×→生理 

囲み→生理1日目 (検)→検診日

神奈川レデュースクリニックフーナーテスト時の基礎体温表

穴だらけ基礎体温表でも、強気に見せびらかし。

×プラゴナール

◯プレグニール

フーナーの欄にOKってあるよーに、問題なしだった。

不妊界のジャイアン、卵管造影検査

痛みってどれほどのもんか?

初フーナー後、何事もなく生理。

この時点で、神奈川LC通い出して半年ほど。

タイミング指導は5周期目

 

そろそろ卵管造影しましょうか。

 

 

キ、キタ……(゚∀ ゚;) …… !!!

痛いの痛くないの噂で持ちきり(体験談飛び交ってます)。

不妊検査、脅威のネクストステージ。

もうね、風をきるようなフーナーとは、字ズラからモノモノしさが違う。卵 管 造 影

 

検査当日ダイジェスト↓

検査30分前に鎮痛座薬。

入れ方わかんなくて、トイレwithナース。その節はありがとうございました。

薄暗い検査室でスタンバイしてると、医師登場(院長先生じゃない方)。

検査台の上、まな板の上の鯉へ想いを馳せます。

卵管造影検査台の上の気持ち

一瞬だけ吹っ切れました。

本当に 一瞬だけでした。

 

器具で消毒されます←余裕。

なにやら管を挿入されます←余裕。

 

造影剤入るよー

 

 

(5秒経過。生理痛のおも〜い感じ到来)

イ、イデデデデデデ!

せ、先生イタイイタイイタイ!ピリピリする!

 

 

痛いね〜

 

 

( え…そんだけ?)

 

 

そのまんまだし。

まんま復唱されただけだし。

 

 

もうちょっともうちょっと

 

 

(脳内カウント1,2,3秒)……まだですか!?

 

 

……(無視)……

 

 

じくこのもうちょっと=3秒

じんわ〜り痛み→子宮奥のピリピリ(痛みピーク)→やわらぐ痛み

で、トータル20秒( 数えてた )。

先生とじくこの「もうちょっと」感覚差6倍。

痛みのピークは10秒くらいなもんでしたが。

 

途中「ハァハァ」してたら、過呼吸気味に。

痛みよか緊張で。

「目閉じないで!開けて!」ってナースに冷たくされました。

目を閉じたまま気を失う人もいるとか。

 

レントゲンは正面と角度変えて2回撮影(だったと思う)。

2~3時間(だったと思う)休んで、再度もっかい撮りました。

※時間経過による、造影剤の子宮内での拡散具合を診る為。

卵管造影検査結果

 

きれいなもんだぁ

 

 

っしゃぁあああ!!!

終わってしまえば、ゴールデン期間。

 

卵管造影後は、ちょっとだけ妊娠する確率が上がると言われてます。ほんのちょぉっとね(←念押される)。

 

 

まぁ、そーでもないんだろうなって。

今ね、回顧してる分には分かりすぎるくらい分かりますけどね。

それでも当時はそらーもう期待ふくらむわけです。

その時の基礎体温表↓

▼マーク説明▼

→タイミング日 ×→生理 

囲み→生理1日目 (検)→検診日

神奈川レデュースクリニック卵管造影検査時の基礎体温表

期待の高さが赤裸々すぎるタイミングの取りよう…。

ついでにフーナー2回目。問題無し。

 

まぁまぁ痛かったし。

想像してる時のが怖かったけど。

そーゆー「痛いのかなぁ?」って想像時間も含め、確率ハネ上がらなきゃ割に合わないわけでして。

 

結局ゴールデン期間の恩恵は受けられぬまにまに。

しかもこの時、たぶん無排卵だったのね

いろいろ残念体質。

10ヶ月後の通水

 

通水検査しましょうか(ソフト提案)

 

 

や、やー卵管造影大丈夫だったので(キッパリ全力拒否)

 

 

まぁ…だいぶ前だしね(ソフトゴリ押し)

 

 

アワアワ言葉を探すじくこをよそに、カルテに検査スタンプポンポンと押され、問答無用でやるハメに。

蘇る卵管造影の緊張。

 

早速検査当日↓

卵管造影とは違い、いつもの内診室でやりました。

今度は女性のナース?検査技師?の方でした。

 

消毒します←よゆー

管入れます←よゆーよゆー

バルーンが膨らみます。

 

 

イテッイテテ…痛い!

 

 

 

検査士さん「…やめます?」って

通水検査中止提案に対する脳内

 

ここまできたし、当然

 

やります!(`・ω・´)キリッ

 

 

目線を強く(カーテン越しで検査師さんと目が合うことはないけど)、無駄に元気いっぱい回答。

 

 

「じゃ、行きますね?」

検査師さんも、心なしか力強く検査再開。

 

 

 

(10秒経過)…あれ?通してます?

 

 

「え…通してますけど…。」

通水検査の記憶って、この時の検査師さんの声に含まれた困惑…「途中で止めといて、痛くないのかよ」ってゆー無言ツッコミに集約されてます。

 

 

全っ然  痛く  ない。

 

 

きっれーに通ってました。

院長先生、やっぱやるこたなかったんじゃ…ゴニョゴニョ。

で、ゴールデン期間再来なわけですが。

ご多聞にもれず、キレイさっぱり取りこぼしました。

 

妊娠した時にやってたエクササイズ↓

スポンサーリンク