いくじくこ。

意味もなく育児(&自)とかしてます。

【100% 喜ばれる】海外への日本土産決定版!迷わずコレで anything OK !

キレると「なんれ」連発のムスメ。

怒って積み木を投げる1歳児のイラスト

じくこです。

前回の↓

www.iiikujiii.com

一歳半のムスメを連れ、家族で国際線フライト。

激安チケット駆使して↓

海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット! 爆安航空券購入サイトテキストバナー

向かった先はヌーヨーク。

米国在住身内や、現地友に( ベビーカー借りたり )世話になるので、お土産しこたま準備してきました。 

日本土産と言えば…?

お土産カルチャー大国、日本。

駅や空港にまでギッチギチなSUVENIRすーべにーる

・小分けバラマキ系

・一口系

・インパクト系

目をみはる品数とクオリティの高さ。

送り手と貰い手、両者の立場が熟考されたジャパンホスピタリティ。

 

お土産に本気な日本で大ブレイク中↓

羽田空港国際線ターミナルで日本土産NO.1だって。

ほーん…。

こーゆー盛り上がり一発屋もいいでしょう。

 

 

でもさ

 

 

普段使ってる日用品で、充分ジャパンアメージング

旋風ね。

巻き起こりますから。

ハズさないから。

 

日本人の、おすそ分け&おもてなしスピリッツ凝縮。

・かさばらず

・破損や型崩れしにくく(=持運びストレス無し)

・リーズナボー

+α、外国の方々の度肝、スッパ抜いたお土産特集です。 

 

鉄板中の鉄板、kawaii文房具

奥深すぎて日本人でも路頭に迷うJAPAN文具ワールド。

基本、何でも喜ばれます。

 

大雑把代表国アメリカ。

小技と気の利いた製品って、実はあんまない。

 

土産相手が仕事してる人なら、使ってもらえます。

はたまた、学生やお子さんさんがいたり。

特に喜ばれたステーショナリーをダイジェストします。︎

 

筆ペンはマジで驚愕される

私共にはおなじみすぎる、筆からインクが無尽蔵に送り出されるこちら。

日本すごい。AIよりすごい。ってなります。

 

お絵かき覚えたて、絵の具使いたがりな子供ら大興奮⬇︎

水彩道具準備→部屋中に飛び散る絵の具→後片付け…

から解放されたペアレンツ曰く「我が家のお絵かき史を塗り替えた」って。

 

芸が細かい民族性ダダ漏れクリップ

女性からの支持率ハンパない。

全世界共通趣向。

コマッゴマ・ツヤツヤ・カラフルでプチな存在に目がないの。女たち。

 

文具1つに細やかすぎる発想力。

小さいけれども、お土産としては本格的な底力。

 

日本といえば fujiyama⬇︎

 

なにこれ。こーゆーの思いつかなかったグレートジャパン系⬇︎

 

次世代系。

21世紀デジタりっく環境下でも進化が止まらない、日本の文房具。

シノギを削りまくってる業界の本気⬇︎

 

 

ポストイットはTHE JAPAN全出しで

ユネスコ無形文化遺産・和食代表=お寿司⬇︎

 

 

富士山は鉄板。

淡い色使いも日本画っぽくてウケます⬇︎

 

 

Oh cute〜

 

Wow tiny〜

 

日本こまやか〜

 

日本人手先器用〜( 手作りと思われてる… )

 

 

感嘆必須。

お土産アイテムが小さくなるほど、芸の細かさと高品質に驚かれます。

迷ったら、とりあえず「小さい・可愛い・高クオリティ」な方を選べば間違いないです。

 

おまけ⬇︎

 

材料の半分は気配り、残りは感動で出来てますカステーラ

渡米時、毎回持ってくシリーズ⬇︎

おすそわけ村

贈答用とかあって便利です。

 

普通のカステラ⬇︎

美味しいだけでなく切れてーる。←ココ。

 

友人 ( 米国育ちブルガリア人 ) 体験談⬇︎

〜私とカステラ、出会いは突然に〜

※場面・リビングルーム※

あ、日本のお土産ケーキ食べよーっと。

…っっち。

キッチンからナイフ持ってきて切るのめんどくさー。

とりあえず、どんなもんか開けて…

ガサゴソ…( 箱OPEN )

 

 

え…

 

 

な、なんてこと…

 

  

 

OMG...

神の仕業?

食べきりサイズに切られてるわ…!

 

 

「感動で、わなないた。」

「ザラメ食感の二重奏。」

「開けた瞬間から食べ終わるまで感動。」

⬆︎彼女の当時の心境です。

 

普通ので、コレ。

切れてるばかりか、バタフライフォーク( ってゆーの?折りたたみ式のプラスチックフォーク)付き。

パッケージもハイカラ。

繊細な薄紙にひっそり包まれてるカステラキューブなんてもう…

WhoooO!で、HooooO!

 

奇跡体験 小包装ドリップバッグ式コーヒー

ドリップバッグも充実の自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店 ロクメイコーヒー 自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店ロクメイコーヒー

⬆︎ココで大量購入→配りまくってる逸品。

パッケージも可愛いくて、ギフト用やお配り用も充実ラインナップ!

選ぶのも楽しい。

「Oh! Super cuuuuute!」と、喜ばれます。

日本手土産、一種類選べって言われたら迷わずコレにします。

 

ちょっと待て。スタバ発祥国へコーシーて。

ブルーボトルだなんだと、コーヒー激戦区アメリカよ?

小分けドリップバッグてwww

紅茶のティーバッグがあって、コーヒーバージョンないってないだろ?

 

ないの、実は。

アメリカには出回ってない逆アンビリーバボー。

 

身内が、教室や職場でドリップしてたら…

軽く周りに人だかりができた代物。

「日本スゴイ!日本やばい!日本人発想力ハンパねぇ!ちっちゃくてカワイイ!」

逆黒船状態だったって。

 

このことを、カステラわななきブルガリアンビューティーに話したら

 

切れてるカステラをまだ見ぬ彼らは、日本の底知れぬ素晴らしさを理解してない。

 

 

だ、そうです。

てことは…

カステラキューブ&小包装コーヒードリップバッグコンボ贈呈した日には…

国籍、変えられちゃうんじゃ…?

 

日本のおやつはハズレなし!

駅や空港、コンビニで買えちゃう、小包装バラマキ系お菓子。

やべ、足りないかも?って時、搭乗直前でも準備できるトコもポイント。

それでも充分喜ばれます。

余ったら復路の機内で食べちゃえるし。

 

バラマキ代表、パッケージも和だし安定のCuteさ&美味しさ⬇︎

 

幸せおすそ分けハッピーターン

コンビニ系おやつには定評のあるアメリカ。

スナック戦国アメリカンをも唸らせる、日本の国民的おやつ。

ちょっと崩れる危険はあれど、あえて推します。

一回持ってったら瞬殺

軽く、奪い合われました。

 

 

「粉やばい!粉神!」

ミラクルパウダー大絶賛。

粉こなコナKona ! って…気まずい単語連発された。

亀田製菓さん、USAでも狙い通りの反応です。

 

大穴でハイチュウ

「ムッチャムッチャ…TO・MA・RA・NAI 〜…ムッチャムッチャ」

って連続食べされました。

止まらないのはハッピーターンだけじゃなかったです。

キャラメルはあるけど、この味のソフトチューイングキャンディーがないよーで。

 

食べるアート、食感の魔術師コロロ

食感のパイオニア、UHA味覚糖が本気出してるコロロ。

とにっかく大人から子供まで喜ばれます。

「アドバンスグミ!ベルサイ宮殿を感じる」って、ちょっとよく分からない感想言われたり。

 

殿方所望のブラックハード系ガム

ミントガムはありますが、甘味強め。

こーいったガツンとハードタイプがないので、男性には喜ばれます。

行き届いてる様式美。人間だったら嫁にしたい歯ブラシ

ひとしきり食べた後は、歯磨き。

 

荒削り感ハンパない、無骨な米国製歯ブラシ。

一方…

細く小さいヘッド。

何なら奥歯のその奥まで磨けちゃう。

しかも洗練美かもす…

日本製歯ブラシ⬇︎

 

本領発揮な子供用。

光るわ、振動が繊細だわ…

身内やママ友に毎回リクエストされます↓

 

欧米高級歯ブラシ=豚毛。「毛」のみ高級化する方向性。

misokaのは「フォルムに様式美?そっち方向の発展Beautiful ! 」

歯ブラシのフォルム自体を洗練化させる発想がないっぽく「宝飾品?」って聞かれた⬇︎

ピッと出てシャッと切れ!実はすごかったラップケース

アメリカ製品の印象は…基本、ざっくばらん。

中でもtop of the ざっくばらんラップの切れ味ね

使用感は、ラップ創成期に製造されたヤツ…?と、見まごうレベルです。

 

そんな大雑把が普通に出回ってる不思議の国。

懐ビッグサイズな国民をもイラつかせてる。 

そろそろ改良、しようよ…?

ラップケースといえば無印良品が代表格ですが、使用感はこっちが上だった↓ 

ジャパンクオリティの真髄 小さくても一人前に男前な刃物

最近の河童橋。

日本製キレキレ刃物はお土産に大人気。

包丁とハサミだけって、思ってませんか?

 

極小刃先に、隠しきれないキラメキ。

「指に力入れずとも切れちゃう…」って驚愕されます。

いぶし風貌も強インパクト。cool japanっ⬇︎

 

海外ワーママ談⬇︎

「イラつくだけだった爪切りが、こんな楽しいとかアメージング。」

「刃先が丸いのに切れるわ!日本人はなんてsweet」

広告コメントばりの使用感、赤ちゃん用⬇︎

 

便利すぎ切れすぎキッチンツールの妖精、ムッキーちゃん⬇︎

贈った相手は、長年距離置いてたグレープフルーツと和解したって。

 

軽くて丈夫な折り畳み傘

これは箱入りで贈答用としての高級感もバッチリ⬇︎

こう言っちゃなんですが、米国製の日用品の作りって、たいがい雑

米国製はデザイン可愛いの多いけど、すぐ壊れたり、重かったり。

 

小型化に日本クオリティーの右に出るモノはなし。

「これ ( 日本製傘 ) は、宇宙。宇宙を感じる…」

とまで言われたし…。

コンパクトさ、丈夫さ、軽量感。パーフェクト!

 

世界は広いんだった

使い手に寄り添えるのが、お家芸。

他者を重んじるカルチャーなだけあって「使う・受け取る側」を、考え抜かれた製品が多い。

「痒いトコ、ソレ以上のすみっずみまで」行き届いてます。

そんな使いやすさにボケ気味な我ら。

それって、世界スタンダードじゃなかったんだ…。

って、思い知りますよね。

 

youtubeだ何だ、ウルトラ情報社会。

真っ只中。いま。

何でも知った気になっちゃってるの、日本人だけじゃないかも。

お土産を通して世界の広さ、感じてもらいましょう。

そして、海外勢の度肝、抜いちゃいましょう。

スポンサーリンク