いくじくこ。

何かが見える前の前。意味もなく育児(&自)やってます。

慌てるなかれ雛人形

どうものもうど。じくこです。

そろそろ明かりをつけようと、ぼんぼり準備開始な方も多いのでは?

母娘雛人形コスプレ

雛人形を探してこの記事に辿り着いた方、いきなり悲報です。

お雛様商戦は10月から口火を切ってます。

もう始まっちゃってるのね、新作予約。

ウカウカしてると、ひな祭りに完全乗り遅れます。

 ※本記事の初回投稿は1月末※

 

追加速報。

ひな人形、飾り始める時期ってば立春頃

新作ひな出揃った年明けに、のんびり探そうもんなら間に合わない。

 

じくこは、こーゆーお雛さま界隈の常識?を心得ていませんでした。

慌てふためき乗り遅れどころか、初節句取りこぼしました

 

節分の豆をまき終え目にした、カレンダー3月3日「桃の節句」。

「おひなさま」を初めて意識した日が、飾り始める時期だった。

そんな、世の流れと著しくズレて暮らしてる方への、雛人形選定記事です。 

ひな人形にもセールが存在します

さっそく結論から。

この際、初節句のひな人形は諦める潔い道が残されてます。

ひな祭り終了翌日の3月4日から出直す。

この勇気ある選択肢の存在に、お願い気付いて。

3/4からは、ブラック雛人形デー。

こぞってセールおお値打ち価格なんです。

 

初節句をスルー

→旧年版( 売れ残り)ひな人形を手に入れる!

「さすがに縁起物。一生に一度の初節句。お雛さま無しってわけには…」

という常識的感受性の持ち主には、残念ながらそぐいません。

初節句、間に合いませんでした

ムスメ産んだのが1月頭。

3週間早く産気づいたもんで、心も含め準備ゼロ。

オット海外赴任中、実家で鬼母と二人。

妊娠性蕁麻疹も、皮膚上にガッツリ痕跡を残したまま…

www.iiikujiii.com

とてもじゃないけど祝賀メンタルではありません。

 

お宮参りも生後2ヶ月以上経って、適当に済ませたし(女児は生後32日目が一般的)。 

隣の大家族のおじいちゃんに「しゃ、写真撮りましょうか」と名乗り出られる程に、不憫な感じのお宮参り。

母娘祖母の3人でお宮参り祝詞

 

ブルーが過ぎる精神状態が災いし、ムスメにとって一生モノの雛人形を買い逃します。

 

時流れて、初秋…

来年版新作が出揃う直前。

最底値の旧年(今年)版を手に入れました

正規の値段なら買えないランクのお雛さまでした。

初節句の縁起部分は無視。

ひな人形を手に入れるミッションにだけ焦点を絞り、結果オーライ。

新作と旧作の低すぎる垣根

桃の初回はスルーして「型落ちなんて…」と思った母君。

旧作は新作と1mmの遜色ない事実をご存知ですか?

 

お雛様って一生モノです。

一生モノとは何でしょう?

一生モノとは一生物だから一生もの

型落ちとか存在しないから。

 

新旧の見分け?全くつきません

伝統工芸品ですよ?

悠久の歴史ですよ。

1〜2年差とか、秒単位差くらいなんじゃ?

 

そして嬉しや、プロパー( 出たての頃 )なら無理値なお雛様が、庶民のお膝元まで降りてきちゃってる旧作パワー。

経済でゆー「需要と供給」グラフ。

バッテンみたいな。

中心でクロスしてるやつ。

脳裏、チラつきましたよね。

心底買い逃して良かったと悟りました。

 

初節句スルーするだけ。

「新作売れちゃう!」と争奪戦での焦り。

そーいった消耗を回避できる上、旧ひな人形選び放題。

じっくりしっぽり吟味できます。

あなどるなかれ人形界

で、いざ旧作選ぼーってなると結構難しい。

ふつう、買ったことないし、雛人形とかって。

一生モノを適当に選べる程ぬるいくない人形界。

それに気づくことが、人形界へ踏み出す第一歩です。

 

平安時代より続く桃フェス。

フェスの方向性を決める最重要アイテム、雛人形。

特に最近の伝統工芸品モダンブレンド率スゴイんで。

現代人仕様に合わせ、いい感じに進化したものから、伝統を守り切ったガチ勢まで。

 

選ぶポイントも無数。

・親王飾りor五人官女付き?はたまた5段飾り?

・木目込み?衣装着?

・表情

・髪型

・サイズ

・収納飾り?ケース飾り?

・屏風デザイン

…息切れ。

 

 そしてお雛さまを迎え入れるにあたり…

・部屋の雰囲気と合ってるか?

・自分のマメさ加減(ひな人形は手入れ必須)

・ムスメの面構えと似てるやつ

個人情報と人形のポテンシャルを照合。

 

 

奥深いわ、選択肢幅ありすぎだわ…。

そろそろ選ぼうか。人形の方向性を決めよう

一生に何度ない、人形選定。

迷いに迷って疲れ果て、結局適当ポチり…だけは回避したい。

早め早めに目星つけとくことをお勧めします。

 

モダン×優しさ 欲張り仕様:三浦木地

いきなりお得じゃない情報。

木製品のエリート輩出しまくってる旭川より、大概入手困難なやつから。

 

お節句界隈を牽引してます。

人気が爆発してます。

よって、旧作など存在せず…プロパー購入一択

10月突入と同時に予約必須。

 

モダンなのに温もり内包…そんな欲張りを見事に叶えてます。

これ見つけた時の、いちご大福以来の衝撃。

甘さの中に酸っぱさ広がる、コラボレートなお得感。

美味しいトコ総取りの絶妙仕様。

 

三浦木地は皇室から玩具特注されちゃうくらいの実力派。

なので、おひなさま以外も色々と本気。

 

シャープモダニズムの極北:MUKU工房 T.MOTOI HINANINGYO。

こちらも木製品のメッカ旭川出身選手。

散らかった部屋に飾ることは許されない洗練美。

佇まいがもはや現代彫刻。

シャープなのに高級感。

側に置いてるだけで緊張しちゃう、お雛様界のスーパーモデル。

 

ミニマムコンパクト派:小黒三郎・組み木雛

これまた大人気。

( とゆーことは、安く手に入れる裏技ナシ。これもか…。)

 

ひな人形って、ほぼ仕舞っておくアイテム。

ニッポンの収納事情とマリアージュ!

デザインされ切ってます。

ジャパンミニマムスピリッツ溢るる仕様。

 

組み木ならではの、計算尽くな技。

円形容器に、各段ごとパズル仕様ですっぽり収まります。

容器は一箱ずつ重ねられて、お重スタイルで保管。

丸容器に収まった様も、キャラ弁みたいでかわいい。

飾ってる時以外で眺めてたいって、強者。

パズルみたいに仕舞うのも楽しい。

子供と一緒にお片づけの練習にも◎。

 

出し入れまでの一連の行為。

それを含めて、雛祭りイベントが華やぐ。

コマゴマしたアイテムを出して並べて、仕舞って…

女性なら必ず心に息づくシルバニアファミリー欲

ドールハウスへの慕情。

そんなデリケートハートゾーンもくすぐられます。

 

ここのは、おもちゃも頭脳派でスゴイから。 

 

伝統寄りで可愛くいきたい:木村一秀

お雛様を眺めて、ホッコリしたい人にピッタリ。

人形本体は伝統仕様。

飾り台や装飾小物、着物柄が、ほのかに今っぽい。

伝統は残しつつ、飾ると不思議なモダニズム。

どんな部屋とも好相性な優秀雛。

 

じくこ、真多呂人形 雛人形・五月人形真多呂人形テキストバナーと迷いに迷って、木村一秀にしました。

甲乙つけがたくって、ノイローゼ寸前までいきました。

 

・可愛く

・伝統的

・収納に場所も取らず

・お手頃。

つまりは、品質と値段のバランスが良かった。

 

 

じくこは、結局母親に買ってもらいました。

が、当初モダン雛をリクエストした際、気鋭すぎてか、明らかな嫌悪感を示されました。

これなら、購入を申し出られた時にも頼みやすいです。

 

 

 

「伝統」×「いとおかしさ」コラボ:真多呂

雛人形・五月人形専門店バナー

雛人形の上手な買い方 伝統工芸真多呂人形テキストバナー

 

顔のかわゆさナンバーワン。

おもはゆ〜い表情、ぷっくり下ぶくれ。

顔を覆う潤沢な肉。

頰肉に埋没した、細い目とおちょぼ口。

どうしよう可愛くて見ちゃう…ずっと見ちゃう!

モチプニュ好きにはたまらない、完璧なお顔です。 

www.iiikujiii.com

 

おひな様の顔って色々( 幼顔・少女顔・大人顔とか )。

どーせなら娘に似てて欲しい、親心。

真多呂人形 伝統工芸雛人形テキストバナーの幼顔、1歳前後の女児仕立て。

ハズし無し。

純アジアモンゴロイド強めフェイスなら、ほぼ 真多呂 真多呂雛人形通販 顔。

朝青龍顔負けなムスメも、もれなく激似。

 

「あ〜やっぱ真多呂にしとけば…」って今よぎっちゃったけど。

まさか一生モノでしっぱぃ…?

母親がズボラすぎて、1年遅れで初節句したムスメ。

両家親戚一同会してお雛様を見られました。

これなら親族ウケ受け間違いないです。

もちろん最終、両親の好み一直線でOKな ん だ け ど!

親類縁者、みんなが安心して眺められるってのも大事なんだと実感しました。

 

王道。伝統一筋ガチ勢向け:清水久遊

とにかくみやび

MI・YA・BI〜と、ため息が漏れます。

実物見た時の、すさまじい威光ピッシー

隅々まで行き届いたクオリティ。

眼前でマジマジ見れば見るほど、緊張感と気品に背筋が伸びます。

「真っ当に暮らしてます?」と持ち主の日々の営み、問われ系目線。

厳しくも慈しみに満ちた表情を宿らせてます。

 

感動しますよ?人形に。 

 

普通は、恐れおののき真っ先に除外するタイプ。

木製や木目込みと違い、お手入れ難易度最高峰の衣装着

昼夜ホコリを払う、愛と勇気が問われます。

 

ただ、人形界を彷徨ってると、こっち系の気品が分かってきちゃいます。

ニワカ人形通でも、わかっちゃうくらいの匠の技。

人形の存在感に感動って…女児産んでなかったら味わえなかったな。と。

男児でも五月人形に感動したでしょうが。

まとめ的回想

気に入ったなら即ポチりでもいいですが、店舗でサイズ感は見てた方がいいです。

細部も熟見できるので、狙うメーカーの品質チェックが出来ますし。

おすすめは、どの町でも一軒くらいは残ってる人形専門店。

店主は、間違いなく人形博士です。

買う気配を撒き散らし、人形ノウハウを搾り取りましょう。

最後は「一生モノだし、今すぐ決められないので、もう少し考えます。」で〆ればオーケー!

 

部屋のどこに飾るかイメージしながら選ぶと、ソワソワしてきます。

心にひっそりと残留してた、シルバニアゾーンも刺激されます。 

顔、ほころびますよ?

 

 「人形ってなんか怖いし、いらないかも…どうなの?」

と思ってたけど、眺めてるといーもんです。

子の健やかな成長を託す、乙なアイテムだと思い知らされました。

初節句スルーしたけど!

( 買って満足して飾るの億劫な…よーな )

 

皆様も良き人形ライフを。

スポンサーリンク