いくじくこ。

意味もなく育児(&自)とかしてます。

ミニマリスト第3波【最終章】最大量アイテム(服)断捨離った一部始終

じくこです。

ジングルジャムのジャングルベル目前。

娘1歳児の掃除風景

 

前回の続きから

www.iiikujiii.com

引越し荷造りを機に、ムクれ上がったミニマム熱

大量衣類をほっぽっいて、ミニマリスト禁断症状。

触るものみな断捨離たい中毒

処分ブツを探し、部屋中を徘徊してました。

 

そんなある日、

・オット転勤決定→じくこ退職

・同時に舞い降りた懐妊

・転勤前に、オットのみ半年間の単身赴任

と、込み入った境遇に…。

 

転居に向けて荷作りを余儀なくされました。

ズンボロ部屋に約4年。

古民家風ゴリ押しできる程には、カスタム完成してたのに。

その矢先の今って…どーやらそーゆー星の下っぽい。

サクッと荷造りやるかー。

 

 

 

まぁだいぶ断捨離ったしヨユー。

 

 

 

 

って思ってたら。

 

 

 

 

なんか…、え?

なんで?

かなりしんどい。

 

 

 

 

モノ。必要?こんなに?

転勤族ってこんだけモノ携えて、あと何回移動すんの?

ダルすぎてダルい。

所有するモノの多さに、また疑問がムクれ上がりました。

モノ減らしてコレ!?

なんで?本当になんで?

 

 

 

 

や、なんでってゆーか…

服、減らしてないし。

 

 

 

 

…この辺が怖いくらいにスッパ抜けてた。

お察しの通り、ここから本番。

 

一生モノなど存在しなかった事実

恋は盲目。好きな対象には甘くなるのが人間。

服を減らすって発想がなかったんですなー。

引出してみては「これは一生モノだ」と引出し出戻り。

 

独身時代、実家暮らしにかこつけ稼ぎ全てを捧げた宝物たち。

一生モノと ( カード20回払とかで ) 買った高額商品の数々。

アウター10着。靴30足。バッグ20個。

同カテゴリ(ワンピとか、カットソー、デニム等 ) に類似アイテム3着ずつ。

体は1体、手足も各2本

なのに。

 

もったいなくてほぼ着てない、忘却アイテムも ( 最低 )。

追悼もかね、じくこ的ベストルックで着てみることに。  

ポージングをとる自画像

 

着用後撮影。

写真データを安心保管、毎月無料のフォトブックもついてくるお得なサービス オンライン写真ストレージとプリントサービスパック【primii】テキスト

 

自らを、とくと見つめ直して分かった事実。

一生モノなど、存在しない。

大事なことなので、リピートアフタミー。

一生モノなど、存在しません。

衣類は所有→レンタルな時代でした。

エアークローゼット

 

特に女性の諸行無常ったらないです。

人生の各ステージで、ライフスタイル激変。

パーテーピーポーでもない限り、着ていく場所も激減&限定されます。

 

そして、何より悲しきこと。

お気に入りの服も高確率で型落ちです。

昨今のトレンドサイクルの凄まじさ。

凡人のセンスで、太刀打できるシロモノではありません。

しばらく袖を通してない服をまとい、鏡に映った姿を冷静に熟見してください。

画像で残した方がより客観視できます。

 

なんかパッとしない。

と思ったら、その服は処分すべきターニングポイントを踏んでいます。

すでに踏み越えてます。

 

自分にも原因はありましょう劣化とか体型とか色々…。

年齢的にアウトアイテムもちらほら認めたくないけど。

アラフォともなれば、シンプルスタイルがスタンダード。

ただ、諸行無常は至る所にはびこってます。

シルエットひとつとっても、やれ今年はビッグだタイトだ!とトレンドは変幻自在に移ろいます。

シンプルだから死ぬまで着れる!と思い込んでた服も、久方ぶりに腕を通した時のキマらなさ。

 

歳を重ねる上で、清潔感て必須ですよね?

そんなら、シーズン毎の新品ファストファッションで十分なんじゃ?

大人のためのファストファッションストア「coca」

 

後生大事にしすぎて満足に着れないまま、年齢リミットオーバー。

着疲れする一張羅からは、遠のくばかり。

服って着てナンボ。

まずは仕舞い込んでた服を日の目にさらし、ドンドコ着倒すor撮影してから仕分け。

 

一番こだわってるアイテムにこそサクッとメス入れ

愛のムチとでも言いますか(もう何のことやら)。

一番多いアイテムほど、真っ先に潔く!

 

こだわりが強いモノって対象から外しますよね?

ここが盲点。

思いっきり痛みを伴う改革。徹底した仕分け!

特別扱いせず、他と同様

●2年使っていないモノは処分。

●同アイテムは持たない、1アイテム1種類!

・フォーマルウェア( 冠婚葬祭全部イケるやつ ) は春夏と秋冬で各1着!

・デニムは1本!

・シャツやカットソーは、各カラー1着ずつ!

・靴もスニーカー・サンダル・フラット・パンプス→各1足!

 

の法則にのっとって容赦なく。

どーしても処分に忍びないものは画像で残します。

見返したことないけど。

これでだいぶ気が晴れるから不思議。

 

処分方法は、友人へ譲る or 古着買取業者。

【古着買取王国】 古着買取王国テキスト

ブランド買取りなら【カイウル】

 

が、売り払った後フリマアプリに目覚めてしまう間の悪さ。

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

 

今に至りまして、一波・二波を終えた気持ち

ムスメも無事生まれ、引越しを終えての感想。

まだまだ減らせそう。

もういっそ、ゲル移動のモンゴル遊牧民に弟子入りするしか…。

理想は、1日で荷造りできる量で暮らすこと。

 

ボッチ育児民として越してきた、陸の孤島。

部屋は今までの3倍の広さ&ウォークインクローゼット付き(ほぉらやっぱりこーゆー星の下)。

今の建物って、棚ほぼ備え付けなんですね〜。

て感心してる場合でなく、気をぬくとソッコー元の木阿弥 。

すでにムスメの絵本が増えてきて…。

 

ただ、じくこは今まで生きてきて選んだミニマム化志向。

これからのムスメには、色々なモノに触れて欲しい気持ちもあります。

何事もトレードオフ。

生活に味気がなくならない程度に、バランス取れるラインを模索中。

 

ミニマム化しやすい時代だと思う

世はコンパクト思考。国土も狭し。

消費に飽きてきた飽和感もあるし。

じくこ生息層(主にアラフォ)て、ミニマム目指しやすいんじゃないかなぁ。

これが、じくこらの母親世代ともなると、さくっとシフトチェンジできない気が。

モノのない、入手困難時代を経て〜からの〜高度成長バブリシャス体験者。

得ることで幸福感を積んできた世代。

そもそもの価値観が「モノがあるだけ豊か」って尺度。

これが染み付いちゃってて、なかなかに抜けない。

 

その点、我ら。

ズラリとモノ出揃い済みデフォルト。

所有ストレスも知ってます。

「選び取って管理する」って思った以上に疲れません?

(それを上回る物欲も年齢とともに落ち着いて…きたりこなかったり。)

管理しやすい範囲で暮らすって「足るを知る」思想や生き様に反映されます。

手放すことで、自分で勝手に作ってた囚われの感覚から解放ズバーーー!

セカセカイライラする性格にずーーーーと振り回されてました。

それが、ハレッ!?モノ減った途端、なにこの満たされ感

手放す行為を通して、精神安定獲得できちゃったかも。

※その後、ムスメを授かり一瞬で安定崩壊。

 

参考本

じくこは自己流である程度片付けてから、本を読みました。

もー断捨離やりきった!って思ってたけど、さすが本出してる人やプロからは学ぶべきことがまだ残ってた。

【ダメな自分を認めたら、部屋がキレイになりました】

漫画エッセイでグイグイ読める。

片付いてく様が読んでて気持ちいい。

片付けや断捨離って、環境(住空間)を通してのメンタル&フィジカルに及ぼす影響ハンパないってリアルに共感できた本です。

 

この著者はダイエット本で話題になった時に、テレビで自宅公開されてたけど…

超簡素な何もないキッレーイな部屋でした。

 

【人生がときめく片づけの魔法】

 

超ベストセラー本。

2015年のTIME誌100人に選ばれた片付けコンサル、プロ中のプロ。

 

www.huffingtonpost.jp

 

神社好き&風水もやってただけあって、モノに精神論入っちゃってる部分、乙女感あります…

ちょっとスピッ(スピリチュアル)ちゃってる。

ちょっとM居K代 臭。

それを差っ引けば、基本が詰まってました。

 

【あるミニマリストの物語―僕が余分なものを捨て人生を取り戻すまで】

すごくナーバスなリアルAC(アダルトチルドレン)アメリカ青年が、ミニマリストな人生を選んでから人生を切り開いていく話。

生い立ちから、ミニマリストに目覚めてどう心境が変わって言ったのか詳細に記録してあって読み応えがありました。

やっぱりミニマム化することで、身体と精神は研ぎ澄まされていく!って確信しました。

 

スポンサーリンク