いくじくこ。

何かが見える前の前。意味もなく育児(&自)やってます。

新春早々新婚さんいらっしゃい。実録これが21世紀の嫁の義実家での過ごし方。

どうものもうど、じくこです。

もう新春でも早々でも、どっちでもなさげですが。

2017年更新初めってことで。

2017年自画像

正真正銘愉快な人気ブロガー記事読みすぎて無駄に凹み、年初から詰んでます。

面白いからグイグイ読んじゃうんですね。

そして才能差に凹む。

それを年始からくり返し……

今、ここにいます。

 

 

コレ書いてるってことは心機一転済みかってゆーとそーでもなく。

 

 

大穴で、自暴自棄。

 

 

世間が新年事始め感に乗っかり、新春の希望に満ち満ちてる中、自暴自棄。

 

今年の抱負はもう来年に託すしか…ぱっと思い浮かばないけど抱負。

と、気持ちはすでに来年を見ています至極後ろ向きな理由で。

でも今をないがしろにする者は、高確率で来年も振るわないことでしょう。

カンフーパンダで亀仙人的な亀もそんなよーなこと言ってました。

 

 

現在→自暴自棄…

未来→振るわなそう…

となれば…

恥もプライド(←去年の残りカス、最後の煩悩)もぬぐい切って、過去の自分に助けを乞うしかなく。

別に過去も振るってなかったけど。

 

ツイッターを漁り、4年前のツイート発掘。

結婚後初の義実家での過ごし方に腹の底から悩み苦しんでる新妻様の一助になれば。

七草粥も食べたところで、来年分を先取りしてお教えします。

(4年前のだけど)

結婚後初の旦那さん実家。 もう客人ではない想いを抱き 早朝起床目指しハリキリ就寝。 ハリキリすぎて住人の誰よりも遅く、お義母さんに起こされる21世紀の嫁。

明け方までスマホ触る嫁

新年に寝坊する嫁

お義母さんの「もう9時よー」の声で起床。

基本、そういったことは、あってはならないことです。たぶん…絶対に。

そのあってはならない事態に初日から陥った場合の言い訳をお教えしておきます。

「布団がふかふかで、気持ちよすぎてつい…」

と、普段は日の出と共に起きますけど1年に1回ぽっきり、正月スペシャルで寝坊したんです風をかもしましょう。

練習しておいた方がいいです。

義母が息子指名で味見用に差し出した煮物を横から完食後、息子に代わって感想を述べるのが他ならぬ息子の妻、21世紀の嫁。

つまみ食いする嫁

 

これには言い訳があって。

じくこは大下戸、オット家族は全員酒豪。

酒豪の正月ってアルコールは大量、ご飯少々。

三度の飯より餅が好きなじくこ、お雑煮デフォルト餅数は3個。

オット実家は1個。

特に、炭水化物の著しい欠乏により常に空腹でした。

正月に痩せたのは、後にも先にもこの時だけ。

飢餓状態での煮物ほど五臓六腑に染み渡る料理はなかったです。

ただ、食べて終わりではなく、必ず全力で褒めちぎりましょう。

「おいしい〜!(ドラえもんにおける、のび太が感涙した未来のおやつを降臨させて、煮物に。)こんなにおいしい煮物食べたことないです。コクがあって、煮加減も完璧!」

食レポの基本、最初はとにかく無邪気にオーバーに、次に具体的な味感を自分の言葉で伝える。

それで全て水に流せます。

彦摩呂で予習もいいでしょう。

とにかく全てにおいて無邪気さは必須。

無邪気な嫁を演じきって下さい。

義実家でつまみ食いを真っ先に疑われるのは、21世紀の嫁。

上記のようなことばっかりやってたら、当然疑われます。

義両親に食べたいものを聞かれ、キッパリ「ウナギです」って言えるのが21世紀の嫁。

長い付き合いになるのですから、食べたいものはハッキリと相手の目を見て伝えましょう。

先方の、もてなしの気持ちを踏みにじらぬよう、高めリクエストで。

ちなみに、当時の干支であるヘビにちなんでます。

「縁起物ですし。この辺で食べられるヘビに一番似てる食べ物といえばうなぎかと。」と干支がらみリクエストができれば、21世紀にはめずらしく伝統を重んじる嫁として一目置かれます。

今年なら焼き鳥。簡単です。

来年は戌(イヌ)年。難題です。今のうちから考えておきましょう。

元旦に宛名白紙で手渡した年賀状を玄関に飾ってもらえるのも21世紀の嫁。

大晦日に「年賀状楽しみにしてる」と言われ、家族にも出すものだと知りました。

地域格差?家族あるある格差ってことですかね。

有事に備え、三が日過ぎるまでは年賀状多めに持ち歩くに限ります。

最終日前夜。 滞在中のアレコレ汚名返上をかけ逆転サヨナラ(具体的には→トップ起床&皿洗い系)を意識しすぎてもう4時な21世紀の嫁。

当然、初日の二の舞。

張り切りったところで、相手は自分の倍近く生きてる強者。

だいたいバレます。

ので、張り切らないに限ります。

でもまぁ基本、最後皿さえ洗っておけば何とかなります。皿と味見以外何もやってなくても、やった感出ます。

終わり良ければ方式です。

 

義弟に真顔で「ドンマイです」って言われたらもう一人前。

真顔すぎて、しばらく何のことかわからなかった。

 

 

お義母さんにフレンチトースト裏返しを頼まれるも、生焼け段階で適当裏返し。返しの早さを指摘されたら「お義父さんが、もう裏返せって...」と言い逃げ。お義父さん濡れ衣着用ありがとうございました。

 

21st century wife...

今年に入っての、本日までの訪問者数13人(しかも、のべ)。

この中に、どれだけ来年正月の義実家での過ごし方に悩む新妻がいるのか…定かではありませんが、今年も宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク